買値と売値の差額の取引

株

株価指数を対象とする取引

くりっく株365は簡単にいうと、買値と売値の差額だけを決済する「差金決済取引(CFD)」です。取引の対象となるのは株価全体の「指数」です。株式取引のような株式自体を購入するのではなく、あくまでも株価指数における数字上の損益部分の差額だけで取引が行われます。くりっく株365では始めに業者に証拠金を納めますが、実際の取引ではその証拠金の額の数倍から数十倍の金額で売買ができます。その倍率を「レバレッジ」と言います。例えば、レバレッジが10倍の場合は、1,000円の資金で10,000円の取引ができます。つまり、10倍の利益を狙えるということです。レバレッジによって元本以上の投資ができることになり、資金効率が良くなることで費用対効果が高くなります。逆に、値動きが意に反す動きになれば、大きな損失が発生する危険性もあるということです。くりっく株365では日経225やNYダウ、ドイツDAX、イギリスFTSEなど、色々な国の株価指数に投資ができますが、全てが円建ての取引になっているため、為替レートにおける変動リスクの影響を受けません。つまり、為替が円高になっても、円安に振れても、利益に変わりはないということです。なお、一般的な株式取引では購入した時の価格から株価が上昇すると利益を得られますが、くりっく株365は「売り」からも取引ができるため、値動きの上下は関係ありません。「安い時に買って、高い時に売る」取引だけではなく、「高い時に売って、安い時に買い戻す」取引でも利益を得られます。